牛豆腐のっけごはん

和牛の飼育が盛んなで「和牛の島」として名高い佐渡。
私たちが日ごろいただいている牛肉は、実は”佐渡生まれ”かもしれません。
佐渡の煮物やお弁当に必ずといっていいほど入っている豆腐の煮物。
ソウルフードをヒントに、牛肉と豆腐を炒め煮しました。
ごはんに牛豆腐を煮汁とともにたっぷりとのせ、お好みで卵を落としてどうぞ。
<ポイント>
牛豆腐はそのまま食べてもおいしいですが、味が少し濃いめなのでごはんにのせていただくのがおすすめです。

材料 (4人分)

牛肉(切り落とし)・・・250g
木綿豆腐 1丁・・400g
油・・大さじ1
A
∟昆布(3×3cm)・・1枚
∟酒・・大さじ3
∟しょうゆ・・大さじ3
∟みりん・・大さじ3
∟砂糖・・大さじ1
朱鷺と暮らす郷・・適量
卵黄・・適宜

作り方

下準備
・牛肉はひと口大に切る。
・Aを合わせて昆布がもどるまでおく。

豆腐は半分に切り、厚手のペーパーで包む。耐熱皿にのせ、電子レンジで3分加熱して水切りをする。冷めたらサイコロ状に切る。

フライパンに油を入れて中火で熱し、 【2】を入れて全体を炒める。豆腐に焼き色がついたら中央をあけ、牛肉を入れてひと炒めする。

牛肉に7割程度火が通ったら、Aの昆布をのぞいて加え、汁気と飛ばすように炒め煮する。

【4】を皿にのせ、小ねぎを散らす。朱鷺と暮らす郷を器に盛り、炒め煮と汁をたっぷりをのせ、お好みで卵黄をのせる。

このレシピを考えてくれた応援隊

【隊員名】

西山京子(ちょりママ)さん

【プロフィール】

料理家・調理師・食生活アドバイザー・食育アドバイザー。
飲食経験を経て、2007年よりブログ「ちょりまめ日和」を開設。「子どもも大人も一緒のごはん」をコンセプトに簡単・時短・アイディアレシピを日々発信。人気のレシピブログとして忙しい主婦から働く層まで支持されている。
メディア出演や、食品メーカー向けのレシピ開発、各種料理書籍の出版物も数多い。また、新潟県や熊本県をはじめとする日本各地の農産地を訪れ、生産者の声と想いを自らのWEBサイトを通じて全国の食卓に伝える、独自の食育活動も手掛けている

http://ameblo.jp/chorimamebiyori/