もずくとプチトマトの豆サラダ

健康食品の「もずく」を使った一品。磯の香り漂う、切って混ぜるだけの簡単メニュー。
<ワンポイント>
もずくの塩加減で、水につける時間は、調節します。お好みの野菜を刻んでいれれば、他の食材でもOKです。
写真は、みょうがの刻んだものをきゅうりのかわりに入れ、イタリアンパセリを散らしています。
市販の小分けパックのもずくでも作れますのでお試し下さい!

材料 (2人分)

花もずく・・・100g
プチトマト・・・8個
きゅうり・・・1/3本
お好みの豆(蒸)・・・50g
酢(りんご酢)・・・大さじ1
きび砂糖・・・小さじ1/2

作り方

もずくは、水で30分ほど塩抜きし、食べやすい大きさにカットする。

プチトマトは、8等分ほどのお大きさにカットする。

きゅうりも縦4等分にして薄くスライスする。

豆は大豆、金時、ひよこ豆などお好みのを準備する。(蒸し豆、水煮など)

ボールで1に酢と砂糖を混ぜて、他の材料を混ぜて出来上がり。

このレシピを考えてくれた応援隊

【隊員名】

深田和恵

【プロフィール】

群馬大学 医学部保健学科(旧 群馬大学医療技術短期大学部)で生化学を学び、企業でのバイオテクノロジー研究員を経たのち活躍の舞台をキッチンの場に移す。
「発酵」に魅せられて始めたパン教室(2007年)をはじまりに、2010年より「『和』と『麹』を取り入れた”麹イタリアン”教室」も主宰。その他の主な活動として、企業や行政とコラボした料理教室やレシピ開発を多数手掛けている。
「発酵」はもちろん、温度変化や調味料の使い方などに、得意とする科学の知識を楽しく取り入れたオリジナルレシピの数々は、「科学の法則を知って調理すれば、お料理は必ず美味しくなる」と人気が高い。

http://foodlife.kitchen/