ご飯でホワイトソースグラタン

炊いてから時間がたっても美味しいと言われる、朱鷺と暮らす郷認証米のご飯です。その残りご飯を利用します。ミキサーでつぶし作ったホワイトソースは甘味があり、しかも簡単に作れます。発酵食品である味噌も使っているので夜食や忙しい朝にぴったり。佐渡のお肉工房、へんじんもっこのソーセージや、大豆で作ったSADO SOYチーズを使ってみました。これ一皿でバランス良い食事となります。

材料 (1人分)

(A)
ご飯(朱鷺と暮らす郷認証米)・・・100g
牛乳・・・150g
味噌・・・大匙1
(B)
さつま芋・・・100g
へんじんもっこ 焼きソーセージ・・・1本
SADO SOYチーズ・・・2cm
オリーブオイル・・・小匙1
塩・こしょう・・・少々
とろけるチーズ・・・適量

作り方

(A)の材料をミキサーに入れホワイトソースを作る。

さつま芋は蒸しておく。チーズを5㎜角に切り、ソーセージは5㎜の輪切りにする。あわせてオリーブオイルで軽く炒め、塩・こしょうする。

2.をグラタン皿に盛り、1.で造ったお米のホワイトソースをかける。とろけるチーズをとともに、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。

このレシピを考えてくれた応援隊

【隊員名】

粕川美智子

【プロフィール】

2009年より野菜ソムリエ。米粉パン師範、フードコーディネーター、フードアナリスト資格者。本年、美容食学士のライセンスも取得。
2011年より地元群馬にて料理教室兼サロン「キッチンMVR」を主宰。料理教室、製パン教室を始め、現在世界で注目されるグルテンフリーを取り入れたホームベーカリー教室も展開中。そのほか地元有機野菜を使用したグルテンフリーレシピによるモーニングメニューの提供、レシピ開発、新商品開発、レストランプロデュース等でも幅広く活躍している。

http://kitchenmvr.web.fc2.com/