とびうおのすり身だんごの照り焼き

%e3%81%a8%e3%81%b3%e9%ad%9a%e3%81%ae%e3%81%99%e3%82%8a%e8%ba%ab%e3%81%a0%e3%82%93%e3%81%94%e3%81%ae%e7%85%a7%e3%82%8a%e7%84%bc%e3%81%8d
佐渡では味噌汁の具として使われることの多いとびうおのすり身。
今回は汁ものにせず、ごはんが進む照り焼きにしてみました。

材料 (2人分)

とびうおのすりみ・・・170g
たまねぎ・・・1/2個
わけぎ・・・適量
サラダ油・・・適量
(A)
みりん・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
醤油・・・大さじ1/2

作り方

たまねぎはみじん切りにし、とび魚のすり身とよく混ぜ合わせ、6等分に丸める。

フライパンにサラダ油をひき、1の両面を焼く(蓋をする)。

2.に(A)を加え、とろみがつくまで絡める。

お皿に盛り、わけぎの小口切りを散らす。

このレシピを考えてくれた応援隊

unnoeri

【隊員名】

吽野英里

【プロフィール】

大学卒業後、会社員生活を経て料理の道へ進む。 『楽しく作って楽しく食べる』をモットーに、おいしい&かんたん&ヘルシーをテーマにしたレシピを日々考案中の料理家。料理初心者にも丁寧に楽しく教える「E-kitchen」を主宰。
著書に「早引き たれ・ソース・味つけ便利帖(池田書店)」、また得意とするお酒にあう料理作りを活かした「おうちでかんたん! マッコリカクテル&韓国おつまみ(ナツメ社)」。
その他料理イベントの講師、レシピ開発、フードコーディネートなどを手掛け

http://r.goope.jp/eryouri