佐渡島のライスコロッケ

和風仕立てにしたライスコロッケです。朱鷺と暮らす郷認証米以外にも、認証米と相性のいい佐渡産食材を、つけあわせを始めたくさん使用しました。

材料 (6人分)

<ライスコロッケ>
米(朱鷺と暮らす郷認証米)・・・120g
あごだし(粉末) ・・・小さじ1
水(佐渡海洋深層水)・・・500ml
オリーブオイル ・・・小さじ1
酒(佐渡の地酒)・・・大さじ2
塩(藻塩)・・・少々
岩もずくのり・・・30g
米粉(さどっ粉) ・・・適量
卵・・・1個
パン粉(ミキサーで細かくしておく)・・・30g
揚げ油・・・適量
<つけあわせ>
白菜 ・・・200g(葉1,2枚)
柿・・・1/2個
あごだし(粉末) ・・・小さじ1
米酢・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
塩(藻塩) ・・・少々
黒こしょう ・・・少々

作り方

<ライスコロッケ>
鍋に水、あごだしを入れて一煮立ちさせ出汁を作る。

フライパンにオリーブオイル、米を入れて弱火で炒める。お米が透き通ってたら酒を加えて強火してアルコール分をとばす。

塩をして1の出汁を加えて弱火で約15分煮る。水分がなくなったら火から外し塩で味を調えて、冷蔵庫で冷ましておく。

5.のリゾットを約5cmのボール状に丸め、真ん中にくぼみを作り、岩もずくのりを入れてしっかりと閉じる。

米粉、卵、パン粉の順に衣をつけて180℃に熱した油でこんがり揚げる。

キッチンペーパーで余分な油をきり、付け合わせと一緒に盛りつけて完成。

<付け合わせ>
白菜、皮を剥いた柿は細切りにし、ボウルに入れて軽く混ぜ合わせ、塩、黒こしょうで味を整えて完成。

このレシピを考えてくれた応援隊

【隊員名】

KEITA (井上恵太)さん

【プロフィール】

「料理経験0でも絶対に失敗しないで作れるイタリアン」をモットーに、イタリア各地の郷土料理をベースにしたシンプルな調理法が人気のイタリア料理教室、横浜の自宅スタジオを中心に関東各地で開催。
大学在学中、イタリアンレストランでのアルバイト経験をきっかけにイタリア料理の道へ入った。国内で経験を積んだのち渡伊、北部ピエモンテ州のレストランで3年間の修行を経て帰国。その後、レストラン勤務の傍ら始めた料理教室が本格化し、2010年より独立。
出張料理やフードコーディネート、企業のレシピ開発でも活躍。

http://keitalastella.wixsite.com/yokohama-casa-k