カレー風 イカの柔らか濃厚煮込み

『朱鷺と暮らす郷』認証米のご飯と、うま味凝縮・カレー風味のイカの煮込みの相乗効果で、お箸が止まらないおすすめの一品です。ひと粒ひと粒の食感が豊かな風味の特徴の認証米と煮込みの相性はばっちり。
近代化が進み農作業が便利になる一方で、自然破壊が進み一時絶滅に追いやられた朱鷺でしたが、自然と共存する農法を選択した佐渡市・佐渡の農家さんの取り組みがあり、復活した朱鷺たちは佐渡の田んぼを優雅に飛行していましたよ。

材料 (4人分)

イカの一夜干し・・・2杯
玉ねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1片
トマト・・・1個
トマトピューレ・・・40g
白ワイン・・・」100ml
鶏のだし汁・・・300ml
佐渡バター・・・適量

作り方

トマトの種を取り、粗みじん切りにする。玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。

イカの下処理をし、ゲソ、エンペラは、粗みじん切りにする。胴は1cmの幅で切る。

鍋にオリーブオイル、バターを温めて、玉ねぎ、にんにくを入れて弱火にかけて、香りを出す。

イカの粗みじん切りを入れ焦げないようにゆっくりと弱火で炒める。

トマトピューレ、トマトを入れ炒めて、白ワインを入れてアルコールを飛ばす。

鶏のだし汁を入れ、カレーのような濃度までゆっくり煮詰めていく。

別のフライパンにオリーブオイルを入れて強火にかけ、1cm幅に切ったいかの表面にこんがり焼き色を付ける。

作り方の6に7加え軽く煮込む。最後にバターで味を調えパセリを散らして完成。

このレシピを考えてくれた応援隊

【隊員名】

佐倉早織さん

【プロフィール】

学習院大学経済学部卒業後、戦略系コンサルティングファーム勤務を経て食の世界に転身。辻調理師専門学校 ・Le Cordon bleu にてフランス・イタリア料理、フランス菓子を学ぶ。
ミシュラン星付きフレンチレストランをはじめ、イタリアンレストランにて料理人としての研鑽を積んだのち、現在の本格フランス・イタリア料理とお菓子教室「メゾンキッチンエス」を主宰。
フランス・イタリア 料理/菓子研究家として、また大使館などへの出張料理人としても活躍中。

http://www.maisonkitchens.com/