香ばし焼き栗の炊き込みごはん

栗に多く含まれる亜鉛には、味覚や育毛の発育に役立ち、肌もキレイにするのでアンチエイジングにも有効。栗のビタミンCは熱に強いので、煮物にも最適です。コラーゲン豊富な鶏肉と合わせればカラダへの吸収が高まります。中医学では腎機能を高める食材とされ、老化防止に有効とされています。
お米と滋養の高い栗を合わせた炊き込みごはんは、相乗効果でカラダが元気になりますよ。

材料 (3人分)

米・・・2合
栗(うすい渋皮付き)・・・15個
粗塩・・・小さじ半
酒・・・・大さじ2
薄口醤油(醤油)・・・大さじ1〜1半
米油・・・小さじ半

作り方

お米は研いで 水に30分ひたしてザルに上げる。 栗は貝印栗剥き器で皮をスルスルむき、手で半分に折って熱した魚焼きグリルやオーブン(180度)に入れ、約10分、途中返して焼く。熱い内に醤油少々をふって全体をなじませる。

炊飯器に1のお米を入れ、酒、薄口醤油、油を加えて水加減し、ひと混ぜして普通に炊く。

炊き上がりに焼き栗を入れて蒸らし、さっくり混ぜて器に盛る。

このレシピを考えてくれた応援隊

【隊員名】

井澤由美子さん

【プロフィール】

東京都生まれ。料理家・調理師・国際中医師・国際中医薬膳師。
旬の食材の効能を生かしたシンプルなレシピを考案。
どんな料理も作りやすく、美味しいと評判を得ている。
特に発酵食のレシピ開発はライフワーク、薬膳と合わせた独自のメソッドが人気。レモン塩や乳酸キャベツを紹介し、ブームの火付け役としても知られる。
NHK「きょうの料理」「あさイチ」「趣味どき!」などの料理番組や企業CM、商品開発、多種の雑誌等で活躍、著者多数。
郷土食を次世代につなげたい思いから鳥取、島根、山梨などの県町おこしプロジェアクトに関わる。北海道に自畑を持つほどの畑好き。

http://yumikoizawa138.jp/