料理研究家が行く朱鷺と暮らす郷応援隊

料理研究家の方々が、新潟県佐渡市で大切に育てられたお米「朱鷺と暮らす郷」使った料理や郷土料理をご紹介します。

佐渡からの島だより

朱鷺の餌となる生き物は、自然な野山や人間の営む水田に生息します。朱鷺を救うには、人と共に暮らすことが大切です。

応援隊レシピ

佐渡市を応援する料理家の応援隊の皆さんが、「佐渡の郷土料理をアレンジしたレシピ」と「朱鷺と暮らす郷の米を使ったレシピ」をご紹介します。

Page 2

こがね色に染まる田んぼ  (2017/9/28)

こがね色に染まる田んぼ  (2017/9/28)

実りの秋!新米の秋!佐渡も稲刈りの最盛期です。早生品種に始まり、現在は、朱鷺と暮らす郷「コシヒカリ」の刈取が行われています。まもなく新米の朱鷺と暮らす郷認証米が店頭に並ぶと思います。   「今年の実りはいかが?」と言っているかのように、稲刈り間近の田んぼの上空を飛んでいます。   稲刈り作業を始める...Read More
佐渡田んぼに新しい風景あらわる  (2017/9/4)

佐渡田んぼに新しい風景あらわる  (2017/9/4)

田んぼ一筆一筆に、個性があらわれてきました。 朝晩の気温はぐっと下がり、布団からはみ出た腕や足が冷えきって目が覚めることも。   最近、佐渡の田んぼに新しい風景が加わりました。・・・なんだかまるで、北海道。   稲WCS(ホール・クロップ・サイレージ)。 稲穂が完熟する前に、穂と茎と葉を一緒に収穫し...Read More
朱鷺と暮らす郷認証米を使った料理教室開催

朱鷺と暮らす郷認証米を使った料理教室開催

この5月に、朱鷺と暮らす郷応援隊メンバーとして産地訪問した西祐子先生が、朱鷺と暮らす郷(以下、トキ米と表記します)を使ってレッスンを開催頂いたので、その様子を取材してきました。 都内のご自宅で、行われたレッスンって、どんな感じなんでしょうか?とっても気になりますね。 取材記事は、こちら。Read More
田からもの未来会議  - 生きものを増やすために 編-  (2017/8/23)

田からもの未来会議  - 生きものを増やすために 編-  (2017/8/23)

生きもの調査をした後は、” 田んぼの生きものを増やす ”  作業をしました。佐渡では、農家さんが「江(え)」という環境を積極的につくっています。江は、山からの冷たい染み出し水を、直接田んぼに入れないように溝を掘ったもので、全国の山間地でみられる田んぼの管理方法です(地域によって呼び名はいろいろ)...Read More
「田からもの未来会議」 開催! - 田んぼの生きもの調査 編 -   (2017/8/22)

「田からもの未来会議」 開催! - 田んぼの生きもの調査 編 -   (2017/8/22)

8 月19 日(土)、「田からもの(宝物)未来会議」が佐渡で開催されました。 全国13 地域(豊岡市、小山市、長岡市、出雲市、七尾市、輪島市、珠洲市、羽咋市、志賀町、宝達清水町、穴水町、能登町、佐渡市)の子どもたちが集い、田んぼを舞台に、生きものや伝統文化について学びながら、地元の自然について考えるイベントです。 雷鳴...Read More
夏休みだっ!  (2017/8/4)

夏休みだっ!  (2017/8/4)

佐渡も梅雨が明けました! が、梅雨明け前から、真夏の陽ざしはサンサンっとたっぷりです。 なので、畦の草刈り作業は、早朝(5:00!)や夕方に限ります。 太陽が昇るにつれて、田んぼはヒト以外の生きものの世界となっていきます。   早生品種の「こしいぶき」などが出穂してきました。 例年より若干遅いようですが、大雨...Read More
アートな田んぼ  (2017/7/18)

アートな田んぼ  (2017/7/18)

もうすぐ夏休みですね! 先日の大雨の後、田んぼに珍しいお客さんがいました。   これって田んぼの生きものでしたっけ?? どうやら、山から川や水路を通って、田んぼにやってきたようです。 無事にたどり着いてよかった良かった。   田んぼの代表的な生きものであるアキアカネの羽化も、ピークを過ぎました。 暑...Read More
朱鷺と暮らす郷づくり推進協議会 総会・フォーラムが開催されました!

朱鷺と暮らす郷づくり推進協議会 総会・フォーラムが開催されました!

朱鷺と暮らす郷の生産農家の集まり「朱鷺と暮らす郷づくり推進協議会」の総会が7月2日(日)、佐渡市金井コミュニティセンターで開かれました。 約100人の農家さんが集まり、昨年度事業の報告や今年度事業計画の承認が行われました。 同時開催の「朱鷺と暮らす郷づくり推進フォーラム」では、関東のお米屋さん2名とJA佐渡の理事長をパ...Read More