本年度の田んぼアートのデザインを発表します!

お待たせしました、今年度の田んぼアートのデザインを発表します!

ユネスコの「世界文化遺産」登録を目指している佐渡金銀山は、日本最大の金銀山です。鉱脈を求め、人の手によって掘り進められた結果、山が大きく割れた「道遊の割戸」は、山そのものが「宝の山」といえます。「道遊の割戸」の麓には千両箱が並び小判があふれ、その神々しい黄金の光は、トキの体も金色に染めています。

トキのデザインは、「佐渡生きもの語り2019イラスト部門」で受賞した作品です。トキと佐渡が一体となった姿になっているのが特徴です。

今年こそ、国内の推薦を受けることを祈願したデザインです!!

優雅に舞うトキと、小判がかがやく荘厳な金山がどのように田んぼに映るか、いまから楽しみです!