あれは夢か現か。。。 (2018/1/12)

この週、新潟県や北陸地方は大雪となりました。皆さん、雪かき作業等お疲れ様です。早くいつもの生活に戻れることをお祈りしています。
この寒波には風がなかったため、いつもはほとんど積もらない佐渡も雪となりました。すっかり白銀の世界です。
農家さんが汗水流して奮闘していた田んぼが、なんとも静かで美しき世界に変わります。
夏の草刈りでクラクラしたのは、秋の収穫でめまぐるしかったあの日々は、夢であったのかいのぉ・・・なんて気持ちに。

 

畦草もすっかり雪の下。
長く伸びたオオバコの穂だけが、見えています。

 

それでも、ふゆみずたんぼや江(え)は、黒々と水面をのぞかせていました。
シャーベット状になっていて、全面結氷するほどには冷え込まなかったようです。

 

トラクターの轍(わだち)を残してトキの採餌場をつくる「朱鷺と暮らす郷」オリジナルのふゆみずたんぼも、大丈夫な様子です。

 

そんな真っ白で冬真っ盛りの佐渡ですが、トキはもう恋の季節を迎え、羽毛は黒く彩られてきています。
春はあっという間にやってきますね。