夏休みだっ!  (2017/8/4)

佐渡も梅雨が明けました!
が、梅雨明け前から、真夏の陽ざしはサンサンっとたっぷりです。
なので、畦の草刈り作業は、早朝(5:00!)や夕方に限ります。
太陽が昇るにつれて、田んぼはヒト以外の生きものの世界となっていきます。

 

早生品種の「こしいぶき」などが出穂してきました。
例年より若干遅いようですが、大雨が降った影響は見られず、長い穂を見せはじめています。

 

朝、出穂した田んぼをのぞきこめば、白くて小さいお米の花がたくさん。
田んぼを渡る風が、お米をどんどんつくっていきます。

 

そんな傍らで、富山から来たご家族が認証米農家さんと田んぼの生きもの調査!
夏休みの自由研究テーマは「野生のトキが暮らす佐渡での米づくりと生きものたち」。
いしかわ動物園でトキをみて、直後にJAバンクCMを見て、佐渡に行ってみたい!
と、思ったそうです。CM出演者にも会えて、ラッキー♪

この週末は、「佐渡市生きもの調査の日(8月第一週日曜日)」。
陸の生きものが多くなるこの時期、認証米農家さんによる2回目の田んぼの調査が行われます。

 

「ミソハギ(禊萩)」も咲き始めました。
盆花とか精霊花とかも呼ばれている花。
生きもの調査が終われば、もうすぐお盆。
庭木を手入れしたり、お墓を掃除したり。
もしかすると、田んぼ仕事よりも忙しい時期かもしれませんね。