料理研究家が行く朱鷺と暮らす郷応援隊

料理研究家の方々が、新潟県佐渡市で大切に育てられたお米「朱鷺と暮らす郷」使った料理や郷土料理をご紹介します。

佐渡からの島だより

朱鷺の餌となる生き物は、自然な野山や人間の営む水田に生息します。朱鷺を救うには、人と共に暮らすことが大切です。

応援隊レシピ

佐渡市を応援する料理家の応援隊の皆さんが、「佐渡の郷土料理をアレンジしたレシピ」と「朱鷺と暮らす郷の米を使ったレシピ」をご紹介します。

最新情報

6月24日 佐渡物産展を開催します!@金子商店(川越市)

6月24日 佐渡物産展を開催します!@金子商店(川越市)

朱鷺と暮らす郷のお取扱店舗である金子商店様の店頭にて、佐渡物産展を開催します! ◼︎時間 6月24日(土) 10:00~17:00 ◼︎場所 川越市宮下町1-12-7 ◼︎佐渡のおいしいものが勢ぞろい!!(海産物、乳製品、さくらんぼ、アスパラガスなど) ◼︎新感覚スイーツ! 「佐渡メロンけずり」もあります。数量限定です...Read More
金魚網を持っていざ田んぼへ! 【2017/6/16 UP】

金魚網を持っていざ田んぼへ! 【2017/6/16 UP】

こんにちは、佐渡生きもの語り研究所です。今年も佐渡から産地だよりをお伝えしていきます。 田植えから1ヶ月が経ち、「朱鷺と暮らす郷認証米(トキ米)」の稲も元気に育っています。 トキ米をつくっている農家さんは、認証要件のひとつである「生きものを育む農法」に取り組み、田んぼやその周辺に生きものが多く棲めるような環境づくりをし...Read More
冬を迎える前に

冬を迎える前に

こんにちは、佐渡生きもの語り研究所です。 日に日に秋の色が濃くなり、平地のモミジやケヤキの葉も紅葉してきました。ススキも爽やかな風に吹かれて気持ちよさそうです。   冬の使者であるコハクチョウやマガンが佐渡に渡ってきています。田んぼに生えている二番穂や落ち穂などを食べて、長旅の疲れを癒やしています。 &nbs...Read More
秋深まりゆく佐渡より

秋深まりゆく佐渡より

こんにちは、佐渡生きもの語り研究所です。ここのところ朝晩がぐっと寒くなり、10℃を下回る日が出てきました。ふかふかの布団が、心地よい季節となりましたね。 ここ佐渡でも、コシヒカリの収穫はほぼ終わり、田んぼには静けさが戻ってきました。   今年の秋は雨が多く、秋耕起があまり進んでいません。そのためか、早生品種の...Read More
佐渡Kids生きもの調査隊 稲刈り!

佐渡Kids生きもの調査隊 稲刈り!

こんにちは。佐渡生きもの語り研究所です。 今年の秋雨前線はのんびり屋さんですね。どんより曇りのお天気が多い佐渡。久々に気持ちよく晴れた先週末は、佐渡全島でコシヒカリの稲刈り日和となりました。そんな中、「佐渡Kids生きもの調査隊」も待ちに待った稲刈りです。   「佐渡Kids生きもの調査隊」は、佐渡島内の小中...Read More
応援隊8月班産地訪問、2日目(2/2)

応援隊8月班産地訪問、2日目(2/2)

産地訪問2日目は、いよいよ生産現場である「田んぼ」へ!「生きもの調査」を行いました。 佐渡で、自然に還りはじめた朱鷺が安心して生きていくためには、人間が営んでいる田んぼできちんと餌が獲れるようにしてあげることが必要です。朱鷺と共に生きるために行っている事の結果は、この調査をすることによって、更に成果を実感することができ...Read More
稲刈りスタートです!

稲刈りスタートです!

こんにちは。お元気ですか? 佐渡生きもの語り研究所です。 さぁ、いよいよ稲刈りがはじまりました。まずは、うるち米「こしいぶき」や酒米「たかね錦」、もち米「こがねもち」など、早生品種やコシヒカリ以外のお米から順に収穫されていきます。刈り終えた田んぼがポツポツと増えていくのは、夏の終わりを感じて少し寂しい気もします。 &n...Read More
朱鷺と暮らす郷応援隊8月班産地訪問!(1/2)

朱鷺と暮らす郷応援隊8月班産地訪問!(1/2)

この7月から朱鷺と暮らす郷応援隊として活動いただいている首都圏で料理教室を主宰する方達と一緒に、「朱鷺と暮らす郷」の産地である佐渡を訪問してきました。 今回は、5人の方(応援隊のメンバーは全部で11人。残りの方は、10月の収穫の時期に産地訪問予定です。)が訪問しました。産地である佐渡の事をもっと良く知ってもらうために、...Read More